お知らせ

「第32回電源システム展」出展のご案内

2017年 3月29日
ルビコン株式会社

ルビコン株式会社は第32回電源システム展に出展致しますので、ご案内申し上げます。

第32回 電源システム展

電源システム展 会期:2017年4月19日(水)~21日(金)
会場:幕張メッセ ブース No.6P-39
オフィシャルサイト:http://www.jma.or.jp/TF/ja/

当社出展の見どころ

巻回形導電性高分子アルミ固体電解コンデンサ ″PZ-CAP″
  ″PZ-CAP″は当社従来の非固体アルミ電解コンデンサの開発、製造ノウハウを活かしながら、独自のポリマー技術により従来よりも高耐圧を可能とした巻回形の導電性高分子アルミ固体電解コンデンサです。
従来の8シリーズに135℃保証品「PHV」シリーズを追加した計9シリーズをラインナップしています。
PZ-CAP
アルミ電解コンデンサ ネジ端子品 「LUR,LHR」 シリーズ
  「LUR,LHR」シリーズは、内部の製品素子に新規構造を採用し、放熱性能を向上させる事で定格リプル電流規格値を10~20%上げる事でき、更にコンデンサを強制冷却を行う使用条件では、50~60%上げる事が可能となったシリーズです。
これは従来の「LSU」シリーズで同じ定格リプル電流規格値の製品と比較するとコンデンサの体積は約30%の小形化される事になり、機器の小形化に貢献できます。
LURシリーズ
薄膜高分子積層コンデンサ“PMLCAP”  MSシリーズ
  PMLCAPは高分子を当社独自の技術で多数積層したコンデンサで、MSシリーズは従来品の耐湿性能を改善し、85℃85%RH1000時間を保証したシリーズで、車載などの厳しい耐湿環境で使用される用途に適したコンデンサです。
定格電圧範囲10~50V,容量範囲は、0.001~2.2μF サイズ範囲、2012~3225をラインナップしています。
MSシリーズ
大形フィルムコンデンサ
  新エネルギー市場を中心に需要が高まっている大形のフィルムコンデンサのラインナップを随時拡張しています。
DC用は定格電圧450~1600V,AC用は220~500V,最大容量は1600μFまで対応が可能で、独自設計による低ESL化されています。
大形フィルムコンデンサ

その他、主力のアルミ電解コンデンサ、電気二重層キャパシタもご提案致します。

ルビコン株式会社 営業本部 営業管理部

このページの先頭へ

〒399-4593 長野県伊那市西箕輪1938-1 TEL:0265-72-7111 FAX:0265-73-2914