電源

  • 特長
  • 設計支援
  • 使用事例
  • FAQ

電子機器に必要不可欠なスイッチング電源。当社では、コンデンサメーカーとしてのノウハウを活かし、独自の回路設計技術を駆使して、高信頼性・高効率のスイッチング電源をはじめ、医療用、光源用、産業用、さまざまな用途に対応する各種カスタム電源の開発・製造・販売を行っています。開発、生産の豊富な実績により、省エネ、低コスト、高効率、小型薄型化を実現しており、お客様のニーズに合った電源をご提供いたします。

お客様のニーズに合わせたカスタム電源

お客様のニーズに合わせ、高信頼、高効率、低ノイズ、小型薄型を特徴とするカスタム電源の開発、製造を行なっています。長年培った自社アナログ回路技術と自社ソフトウェア技術をベースとしたデジタル制御技術を融合させ高付加機能の電源もご提供しています。医療機器、光源機器、産業機器向けを中心に幅広い分野で最適なパワーソリューションをご提供いたします。

ご用命の場合は、「カスタム電源要求仕様書」をダウンロードいただきご利用ください。

高信頼性、安全性の確保

電源は電子機器の心臓部であり、その故障は電子機器にとって致命的です。
ルビコンでは、信頼性設計の追及により、常に高信頼性と長寿命化を目指しています。また、各種安全規格への適合はもとより、異常時における高い安全性を確保するべく、回路上・実装上の工夫を凝らしています。

高効率、小型化の追求

電源には必ず電力損失があり、これが発熱の原因となって小型化を妨げます。しかも、それが信頼性を大きく損なう重大な要素となります。
ルビコンでは、この損失を最小にする設計を追求し、高効率および小型化を目指しています。

低ノイズ設計

スイッチング電源は、それ自身からノイズを発生します。
ルビコンでは、ノイズ発生を最小にする設計を行っているばかりでなく、外来ノイズに対する耐量にも考慮した設計を行っています。

待機時消費電力の低減

電子機器は主電源が入っているが動作していな状態(待機時)があり、この状態でも常に一定の電気が消費されています。
ルビコンでは、待機時の消費電力を低減させる設計を行い省エネに努めています。

小ロットから大量生産まで

ルビコンでは、自社工場および協力工場にて小ロットから大量生産まで同一品質で対応が可能です。

テクニカルノート

カスタム電源事例

カスタム電源事例

【概要】
お客様のニーズに合わせ、高効率、低ノイズ・低リーク、通信回路、安全の為の各種保護回路を備え、高品質・高信頼性・安全性を充分満たした医療機器向け電源の開発・製造を行っています。
医療向け安全規格60601-1の電源単体取得の対応も行なっています。

【事例】
・メディカル用ランプ電源
・メディカル用電源

光源用電源

【概要】
お客様のニーズに合わせ、調光機能、各種保護機能を備えた、各種ランプ電源(大型キセノン、小型キセノン、超高圧水銀ランプ等)の開発・製造を行っています。
点燈回路(イグナイター)も自社設計しており、高力率、小型薄型化を実現しています。各種固体光源(LED、レーザー)向け駆動回路(ドライバー)につきましても、当社のデジタル電源、ソフトウェア技術を活用し商品化しています。

【事例】
・ランプ電源
(ランプバラスト)

・固体光源
(LED・レーザードライバ)

産業用電源

【概要】
性能・形状・外観等、お客様のニーズに合わせ、高品質・高信頼性製品の開発・製造を行っています。機構(筐体)関係におきましても、金属及び樹脂での対応が可能であり、設計から量産までお客様のニーズに合わせて幅広くソリューションをご提案いたします。

【事例】
・高電圧可変電源

・大電力定電力電源

・デジタル制御電源
・バッテリー・EDLC充電器
・インバータ電源
・シーケンサ用電源
・寿命検知機能付き電源:電解コンデンサの寿命を検知する事により、電源寿命を検知しアラームを発する機能を有した電源です。

FAQ(よくある質問)

電源の高温度下で使用する場合の注意点とエアーフローのコンディションを教えて下さい

ファンを使用しますと、高温度下にて定格出力を得ることも可能です。電源内部が最も冷却されるように、ファンの取付方向および風量を選択してください。

注意:電源を本体装置に取り付け後、必ず電源内部およびフレーム温度を測定し、本体装置の最高使用温度のとき、90℃以下になることを確認してください。(参考事例)

過電流特性について教えて下さい

図の出力特性を御確認ください。(参考事例)

出力電圧の調整方法について教えて下さい

出力電圧調整器(V.ADJ)にて調整が可能です。調整の際には、内部には手を触れず、絶縁ドライバを用いて調整して下さい。調整器を左回しに可変させると、出力電圧が降下します。上昇させる場合はその逆となります。(参考事例)