HOME NEWSROOM 製品ニュース 当社のコンデンサ「PMLCAP」が、探査機に乗って火星に向かいます。

当社のコンデンサ「PMLCAP」が、探査機に乗って火星に向かいます。

2018年08月27日

 ルビコンのPMLCAPは、オックスフォード大学で設計された地震計に採用されて、探査機 “InSight”に乗って火星に行きます。
 PMLCAPは、電極及び誘電体を真空蒸着で形成する画期的な技術の採用により、従来のフィルムコンデンサと比較して大幅な小型化を実現し、優れた周波数特性、温度特性を有した面実装型フィルムコンデンサです。
 この地震計には、ルビコン/ルビコン電子で製造されたPMLCAP [16V 10µF], [16V 22µF], [16V 4.7µF], [16V 6.8µF], [25V 1µF], [25V 0.15µF], [50V 0.33µF], [63V 0.01µF] の8種類 計32個が搭載され、2018年5月5日に地球を出発、2018年11月26日に火星に到着します。

https://mars.nasa.gov/insight/

PMLCAP製品情報