CSR基本方針

CSRについての考え方

ルビコンの社会的責任を実現する為のCSR体系図を示します。創業の精神(理念)を基にビジョン、社員の心得、行動規範、グローバル・コンパクトという意思決定の仕組みとなっています。
これらは全てルビコンを取り巻くステークホルダー(お客様、お取引先様、株主、社員、地域社会)の皆様に対し、信頼される企業であり続けるためのもので、着実にCSR活動を推進致します。

CSRについての考え方

公正な事業慣行

当社は、関係法令、社内規程、社会規範、倫理などの遵守を徹底し、反社会的勢力との関係を排除し、公正で誠実な競争による事業活動を推進するとともに、生活者の視点と立場を考慮してお客様の安全と安心の確保に努めています。

コンプライアンス

事業に関わるすべての法令(労働、環境、厚生、貿易、工業、商業、税法、民事等)を遵守し、公正な事業及び取引を徹底しています。
本社の社内規程をベースにして、グループ会社への展開と相互改善を推進します。
旧EICC(電子業界CSRアライアンス:Electronic Industry Citizenship Coalition)の行動規範に準拠するルビコングループ行動規範の方針を公表し、全社員及びグループ会社に徹底しています。
コンプライアンス違反が発生した場合は、正確な事実関係と真因の究明に努め、厳正に対処し、再発防止の徹底を図ります。

内部通報制度

法令違反やコンプライアンス違反の早期発見や未然防止を主な目的として、内部通報制度を導入しています。社内の組織内外に関係なく、多くの社員から広く申告を受付け、調査・対応する為の制度です。グループ会社を含む全社に、当制度のポスターを掲示する事で当制度を社員へ明示し、投書箱の設置や内部通報専用のメールアカウントを作成し、申告しやすい環境を整えています。

内部監査

社長直轄の監査部門を設置し、社内組織の活動が法令や運営方針、社内規程に則って、適正かつ効率良く実施されているかを監査し、組織活動の遵法リスクや業務の改善及び是正の助言をします。内部監査は、グループ会社の全組織を対象に実施します。

リスクマネジメント

2012年から継続しているリスク低減活動に加えて、お客様から行動規範や倫理面におけるリスク評価の問い合わせが増加しており、社内体制の強化及び関連する社内規程の見直しを推進しています。また、災害や不測の事態に備えたBCP(事業継続計画)の見直しと合わせて、災害対策規程の有効性評価を行います。

知的財産の保護(模倣品対策)

事業活動の健全な発展に資するよう特許権や商標権の取得など適切な知的財産の形成を推し進めています。また、模倣品撲滅活動などを通じてブランド価値を高めるとともにお客様の利益の保護に取り組んでいます。さらに、自社の知的財産と同様に他社の知的財産を尊重し、抵触することのないよう努めています。

情報の保護・管理

企業の運営に必要な重要情報が誤った使い方をされた場合、お客様及びお取引先様との信頼関係や企業の運営などに重大な影響を及ぼします。当社ではセキュリティポリシー、プライバシーポリシーの策定を行い情報資産の重要性を認識し、リスクマネジメントや BCP においても最重要項目として位置付け、社員への教育や各種セキュリティ対策・活動を実施して情報資産の保護・管理を行なっています。

個人情報の保護

当社は、高度情報化社会における個人情報の保護を喫緊の課題と認識し、これまでに日本の個人情報保護法令に準拠すべく管理体制を整備して参りました。そうした中で2018年5月に施行された欧州一般情報保護規則(GDPR)は欧州域内に所在する個人情報の域外移転に対して厳しい規則を課しています。当社では、GDPRの要求に対応した諸施策を講じるとともに、これを機に管理体制のもう一段のレベルアップを目指して全般的な見直しを行いました。

サプライチェーンにおけるCSR推進

お客様に安心して製品をお使い頂くためのみならず、調達取引先も含めて人権・労働・環境などのCSRを果たしていくため、当社は調達先における社員の労働環境や環境保護など、サプライチェーンを通じたCSRにも取り組んでいます。

CSRレポート


Global Compact

グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン
ルビコンは、国連グローバルコンパクトへ加盟しています。