HOME サステナビリティ トップメッセージ

トップメッセージ

1952(昭和27)年4月、当社は長野県伊那市にて社員7名で事業を開始しました。以来、二度の工場焼失の苦難や度重なる試練を乗り越え、来年2022(令和4)年4月、当社は創立70周年を迎えます。今や会社草創期を知るメンバーはいません。しかしながら、私たちは諸先輩が努力を重ねてきた歴史の重みを忘れてはならないと思っています。

創業者 故登内英夫は、1961(昭和36)年に社歌を、翌1962(昭和37)年に社是:「すべて日本一になりましょう」を制定しました。創立10周年を迎えようとしていた当時、社員の更なる結束と志を高め、会社の目指すべき方向性を示そうとした創業者の想いを強く感じます。 社歌の一節に「伝統と進取」「努力と研鑽」「誠実と信頼」という言葉が入れられています。この歌詞については、創業者が晩年まで繰り返し私たちにその想いを説いてくれました。

「伝統と進取」

先輩たちの弛まぬ努力があったからこそ、今の私たちはある。後世に良き「伝統」を継承していくには、社員全員が前向きに物事を考え、取り組んでいく「進取」の精神が必要である。

「努力と研鑽」

日々「努力」し、お互いに「研鑽」に励むこと、現状に満足することなく、常に改善を心掛けて取り組むことこそ大事なことである。

「誠実と信頼」

お客様、お取引先様をはじめ、株主様、グループ各社、各事業所や営業拠点を展開している地域社会の皆様に「誠実」に接してこそ、そこから「信頼」が生まれてくるものである。
信頼される会社、信頼される人間こそ、我々が目指すべき姿である。

当社の“創業の精神”ともいえるこれらの意味が込められた社歌を、これからも大切に歌っていきたいと思います。

環境変化の激しい時代です。私たちはコンプライアンス、環境に対する取組み、働き方改革や労働安全衛生に対する社員の意識向上、コミュニティへの参画、次世代育成支援、人権・労働慣行等のCSR(企業の社会的責任)活動も今まで以上に推進していきます。
そして私たちは、お客様により喜んでいただける商品開発・品質管理を進め、また、地域社会の皆様からいつでも声をかけていただけるよう、社会貢献に努めて参ります。

今後ともルビコングループへのご支援・ご協力をお願い申し上げます。

2021年1月27日

ルビコン株式会社 代表取締役社長

赤羽 宏明